夏は涼しく冬は暖かい家づくり

先日「断熱改修等による居住者の健康への影響調査」(スマートウェルネス住宅等推進調査委員会調査データより)で、断熱性能が高い住宅に住んでいる人が多い地域ほど、冬場の死亡率が低いとの調査結果となりました。

寒い地域では断熱性能の良い省エネ住宅が普及している為、北海道などの冬季死亡増加率が少なくなっています。
静岡は温暖な地域なので上位ランキングに入っているのではと思いますが、実はワースト7位と冬季死亡率が高い地域です。
重要なのは温度の低さよりも温度差なのです。

断熱性が高い家は外気温の影響をうけにくく、快適な室温をキープしやすいのが特長です。
洗面所やトイレなど、家の中の温度差も小さくすることができるので、急激な温度変化によるショックを避ける事ができます。

また、夏は涼しく冬は暖かい家を作るためにも、断熱が大切です。
テクノストラクチャーの断熱システムは、家の外側から「サーモロック壁パネル」、内側からは「充填断熱材」で外からも内からも家をすっぽり包んで断熱。高い気密性・断熱性を持つ断熱システムです。

さらに、地球と家計に優しい次世代省エネルギー基準対応です。
家全体を、次世代省エネルギー基準の高い断熱性能とすることにより、屋外の不快な温度をシャットアウトし、広いリビングや、リビング階段のあるお家でも省エネルギーで快適な暮らしが実現します。

高気密高断熱の家