平屋のバリアフリー住宅

将来年齢を重ねたら体の自由がきかなくなってきます。
広い敷地を活かしたスロープのアプローチがありバリアフリーに配慮されています。
また、平屋は2階建て住宅より、屋根面積が大きいため多くのソーラーパネルを設置できるため、
発電量が多くなり省エネしやすい住宅となります。
障害物の少ない空間で快適に暮らせるよう、住まいのバリアフリー化について検討して見られてはいかがでしょうか。